top002.jpg

RASHは25年以上に渡ってマニア・ジャンルのコンテンツを発信してきた出版・映像制作会社です。会社創設は1987年。風俗ライター、ピンサロ評論家だったラッシャーみよしが、雑誌の編集プロダクションとして立ち上げました。初期の功績としては、AVにおいてさえ、顔射が普及していなかった時代に雑誌で初めて顔射シーンのあるコーナーを取り入れたことです。雑誌は大洋書房から発行されていた『マスカットノート』。このコーナーは後にザーメン専門誌『GAL’Sシャワー』(大洋書房・1994年創刊)へと発展し、RASHが制作を担当しました。この頃のRASH社員は毎日のように撮影で発射。会社はザーメン製造工場と呼ばれていました。

その頃に、ラッシャーみよしが友人とともに立ち上げたのが、超マニアック・メーカーとして知られた「ハウスギルド」です。1990年に伝説の食糞作品『便所虫』を制作・発売(当時はHBV企画名義)。その翌年に記念すべき日本初のネバスペ・ビデオ『ゴックン・胃袋まで精液くさい女』を制作・発売しました。後にラッシャーみよしは「ハウギルド」を離れますが、ザーメンとスカトロという嗜好はこの頃から色濃く出ていました。その後、大手メーカーがザーメン・ビデオに参入し、マニア作品が「商品化」してくるのにともない、「つまらない」という理由でラッシャーみよしは監督業を一時引退。雑誌業に専念していましたが(したがってRASHの映像部門は消滅)、主観撮影で有名な「アウダースジャパン」に監督として迎えいれられ、その作品を大切にする社風に触れる中で、再び、映像制作への情熱に火がつき、マニア系独立メーカーとして再編したのが現在のRASHです。

メーカーとしての立ち上げは、2009年7月。女王様がゲロとウンコでM男をいじめ抜く『ゲロスカ痴女 真鍋あずさ』が最初の作品です。監督はもちろんラッシャーみよし。どうしてもM男にゲロを食べさせる女性の映像が撮りたい…という素朴な欲求から生まれた作品でした。

RASHの作品は5つのレーベルにわけられます。ザーメン・ゴックンはジャンクショップと精液本舗。痴女や女王様がゲロやウンコでM男をいじめるのがビザールハウス。さらに粘着質に体液にこだわったのが体液本舗。SMとフェチがビザールスタイルです。一見、バラバラですが、いずれも、ラッシャーみよしが少年時代からこだわり、得意にしてきたジャンルです。すでにお分かりのようにメーカーとしてのRASHはほとんどラッシャーみよし個人と重なっています。マニアックなものを徹底的に大切に作る、これがRASHの基本方針です。商業主義とは一線を画し、長く愛されるメーカーを目指しますので皆様のご支持を心よりお待ちしています。


こだわりのフェティッシュメーカー




RASH-FETIRASH-FETI
sign.png
RASHの総合的な情報サイト。

BIZARRE HOUSEBIZARRE HOUSE
sign (3).png
求ム人間便器。

BIZARRE STYLEBIZARRE STYLE
sign (4).png
女王様とM男のパラダイス。

JUNK SHOPJUNK SHOP
sign (1).png
飲む女のこまやかさ。

精液本舗精液本舗
精液本舗.jpg
ザーメン・ルネッサンス!

体液本舗体液本舗
体液本舗.jpg
汚物フェチの殿堂。

体液本舗体液本舗
煩悩組.jpg

ラッシャーみよしラッシャーみよし
ラッシャー.jpg
帰ってきたラッシャーみよしコンテンツ。

etc.etc.
ETC.jpg
「変態女性たちの告白」など。